営業時間:9:00-18:00
FAX/MAIL:24時間受付
定休日:土・日・祝日
 
《女袴一口メモ》
袴の歴史は、古代にまで遡り、元々は男子の服装として用いられてきました。
女子が袴をはくようになったのは、飛鳥・奈良時代からで、元々は貴族の女性の下着でしたが、
平安時代中期から表に現れるようになりました。
しかし、鎌倉時代に入り袴を用いられることは少なくなっていきました。
明治時代になり袴が宮中の婦人の制服になり、儀式の礼服として用いられるようになると、
再び注目されるようになりました。
一般に浸透しはじめたのは1871年からのことで、はじめは、女学校の教師からでした。
1878年には、女学生が襠のない(行燈型)に改良された女袴をはくようになり
大正時代末まで広くはかれました。
現在では、主に女学生の入卒式や子供用として七五三の祝い着としてはかれています。
特殊な用途では、お琴や詩吟などのおけいこ事に用いられています。
サイズによって価格が変わりますので該当サイズのフォームよりご注文ください
@並寸 紐下99cm未満で、ウエスト70cm未満の方 価格:26,400円(税込)
A丈長 紐下99cm以上-紐下110cm未満で、ウエスト70cm未満の方 価格:29,700円(税込)
B大寸 紐下99cm未満で、ウエスト70cm以上-100cm未満の方 価格:31,350円(税込)
C丈長大寸 紐下99cm以上-紐下110cm未満で、ウエスト70cm以上-100cm未満の方 価格:33,550円(税込)
  紐下99cm未満・・・紐下98.999.....cm
  紐下99cm以上-紐下110cm未満・・・紐下99cm〜109.999....cm
  ウエスト70cm未満・・・ウエスト69.999...cm
  ウエスト70cm以上-100cm未満・・・ウエスト70cm〜99.999...cm
上記以外の方、もしくは特に大きい寸法の方は価格が変わりますのでメール又はFAXにてご注文ください
ご希望があればお見積りをいたします
※サイズ枠には身長・ウエストを正確に記入して下さい
ご指定の寸法がございましたらそちらもご記入ください
お仕立てはミシン・手縫い併用仕立になります
手縫仕立ご希望のお客様はメールにてお問い合わせください
 
尾州産の上質なウール100%の生地を国内でお仕立てした商品です


No.1 濃紺 No.2 花紺 No.3 古代紫 No.4 新紫
@並寸








A丈長








B大寸








C丈長大寸








No.8 濃緑 No.6 エンジ No.7 黒
@並寸






A丈長






B大寸






C丈長大寸






日本製

 
【女袴参考寸法表】
身長 紐下 紐下(ブーツ用)
145cm 85cm 76cm
150cm 87cm 78cm
153cm 89cm 80cm
155cm 91cm 82cm
158cm 93cm 84cm
161cm 95cm 86cm
163cm 97cm 88cm
165cm 99cm 90cm
170cm 101cm 92cm
175cm 103cm 94cm
紐下とは、袴前身中心部分の紐の下から裾までの長さです
 腰の紐巾分は含まれておりません



【ブーツを履いて袴を着けられるお客様へ】
当店では、ブーツ用の袴丈として9cm短く仕立てるよう設定しておりますが、
ブーツと袴の間から素足が見えなければ格好良く袴を着けていただけると考えておりますので
この寸法はブーツの筒丈とお客様のお好みで変えて頂いても大丈夫です。
草履用の袴丈でブーツを履いていただいてもまったく問題はございませんが、
折角ブーツを履くのであればブーツが見えるようにと短めの袴丈をご提案させていただいております。
ご希望がございましたらお申し付けください。


四寸帯の結び方
蝶結び

カルタ結び
女袴の着付け 女袴の着付けを
写真で紹介しています。

お客様のご要望にお答えできるシステムです

当店の商品は、厳選された生地を使用し1点1点お仕立てしております
お客様の細かいご要望にもお答えできるようになっておりますので遠慮なくお申し付け下さい


商品はご注文頂いてからお仕立ていたしますので
お届けまでに3〜4週間お時間を頂戴いたします
お急ぎの方はご相談ください


くれいんでは、お客様から頂いたご質問等はすべてお答え致しておりますが
ご返答のメールがお客様に届かない場合がございます
もし3日以内にメールが届かない場合は、お電話にてご連絡ください


実際の商品と若干色が違う場合がございます
無料生地見本をご希望の方はご請求ください

お問い合わせ
色・生地見本ご希望のお客様
商品についてのお問い合わせ



TEL・FAX(058)371-9360
担当:丹羽